観光・文化・スポーツ

【郷土資料館】秋の催しのご案内

  • [2016年9月1日]

 この資料館は、明治初年から大正期にかけて郷土の旧大地主初代と2代目氏家丈吉(うじいえじょうきち)氏が建築した邸宅を昭和60年6月に角田市が譲り受け、郷土資料館として整備したものです。
 「旧氏丈邸(きゅう・うじじょうてい)」は角田市指定文化財であり、当時の生活や建築様式に触れることができます。また、歴史民俗資料、考古資料などの常設展示のほか、企画展や季節に合わせた催し物もおこなっています。

角田市郷土資料館

昭和の暮らし展〜見て聞いて触れて楽しむ懐かしの昭和〜

昭和の時代を彩った懐かしのモノたちを展示します。
道具はもちろん、雑誌やおもちゃ、音楽までさまざまです。
触れたり、聴いたりすることもできます。
昔を懐かしんだり、現代との違いに驚いたり、世代によっても感じ方が違ってくるかもしれません。
ぜひご覧ください。

期間:平成28年9月10日(土)〜11月13日(日)
時間:午前9時〜午後4時30分

会場:角田市郷土資料館
期間中の休館日:月曜日(祝日は開館)
    9月20日(火)・9月22日(木)・10月11日(火)
入館料:無料



期間中の催し

☆歴史ウォーキング 〜いつもの景色が違って見える 昭和の角田〜
市内各所を、「今の景色」と「昭和の景色」を写真で見比べながら楽しく歩きます。
開催日時:9月24日(土) 9:00〜11:30
     (受付9:00〜9:15) 角田市郷土資料館スタート
定員  :50名 ※事前の申込が必要になります。
       ●終了いたしました。
 

☆十五夜 みやびのしらべ 〜雅楽鑑賞会 中秋の名月〜
名月を愛でながら雅楽と巫女舞を鑑賞します。幽玄の世界に浸ってみませんか。
開催日時:9月18日(日) 17:30〜18:30
開催場所:角田市郷土資料館敷地内広場 
定員  :100名  ※事前の申込が必要になります。
※雨天時は会場が屋内に変更になります。
 またプログラムを縮小し、2回の入替制になります。
       ●終了いたしました。
   
 
☆十三夜 箏のしらべ 〜箏のしらべ 十三夜の観月〜
ほんのり灯された夜の縁先で、箏の音を聞きながら十三夜の名月を愛でましょう。
開催日時:10月16日(日)
       1回目 18:00〜19:00
       2回目 19:00〜20:00
定員  :各回50名 ※事前の申込が必要になります。
       ◎ただいま申込受付中!!


☆氏丈寄席落語会 〜落語でわかる江戸の暮らし〜
築150年のお座敷で江戸風情たっぷりの落語を楽しみましょう。
開催日時:10月22日(土)
       1回目  9:30〜10:30
       2回目 11:00〜12:00
定員  :各回50名 ※事前の申込が必要になります。
       ◎ただいま申込受付中!!



☆氏丈邸の宵灯り 〔邸内夜間開放〕
 〜100年昔の秋の夜にタイムスリップ〜
昭和初期当時のままに復元された数々の灯り・・・。
100年前の秋の夜長を楽しみましょう。
開催期間:10月12日(水)〜15日(土)
      17:00〜20:00
※申込は不要です。

☆飾り結び 〔体験〕
美しい伝統の飾り結びを体験してみませんか。
梅結びや菊結びなど暮らしを彩る飾り結びを覚えて楽しみましょう。
開催期間:9月中の毎週土曜日 10:00〜12:00
     所要時間約30分
※申込は不要です。


   昭和の暮らし展  昔のおもちゃ↑  昭和中期の道具↓


施設のご案内

浴室のステンドグラス

常設展示

旧氏丈(うじじょう)邸、米蔵を利用した展示室(考古資料・角田館主石川氏関係資料)をご覧いただけます。

ご利用案内

開館時間 9:00〜16:30
休館日 

月曜日
国民の祝日(月曜日が祝日の場合はその翌日も)
年末年始(12月28日から1月4日)

観覧料 無料

※ただし企画展期間中は、有料
一般 300円
団体(大人20名以上) 250円
高校生 250円
中学生以下 無料
交通案内 阿武隈急行「角田駅」から
徒歩20分またはタクシー5分
駐車場:普通車40台。大型バス可。
問い合わせ

角田市郷土資料館
〒981-1505 宮城県角田市角田字町17
TEL/FAX: 0224−62−2527

E-mail:kyodo-siryokan@city.kakuda.miyagi.jp